2016年11月29日(火) 僧侶大鐵

0

     

     

     Q.老人とは何歳から老人と呼ぶか?

     A.40歳からです。

     40歳と言えば、日本人は男性が前厄ですね。「40歳過ぎれば自分の発言に責任を持て。」とリンカーンは仰ったといます。市役所からガン検診が届き、介護保険も支払わなくては成らない。もう年齢の節目が来ております。そう実感しているのは私が40歳になっているからです。体が若いころに比べて思うように動けなくなったのが短所ですが、若いころより落ち着いて判断できるようになったのが長所でもあります。健康だった分、余計にそのように感じます。

     さて、最近、高齢化が深刻な問題に成っておりますが、高齢化は具体的に何が問題なのでしょうか?皆が長生きするこれは長寿といってすばらしいことなのに、最近、喜べない傾向にありませんか。

    例えば、・年金需給率が増え、税金の負担が増えた。

        ・介護に対する問題が増えた。

        ・高齢者○○、独居老人、老老介護、シニアワークなど老人に何らかの問題を抱えている用語が増えた。

        ・高齢者の自動車運転による事故

        ・高齢者が万引き、ストーカー、暴言、暴力などの加害者になる。振り込め詐欺、窃盗などの犯罪被害に遭う。

     などなど、様々なことが問題になっております。

     しかし、よくよく、見返し見るとどの世代のも言えることですし、とりわけ、高齢者が・・・と言うことではありません。

     年金や生活保護が増えても、お金を使えばそこには必ず税金が発生します。直接は支払ってなくても間接的に税金は支払ってます。目に見えるものとして消費税は立派な税金です。この消費税の使い道は社会保障財源となり、年金、医療、介護、子育て支援に回されるのです(多分?)。だから、別に生活保護費をもらっている人は無駄に使っているわけではないのです(多分?)。

     介護の問題も長生きをするため必要ですし、年を取るということは身体が衰える→身体が弱る→障がい者となる、ということにも繋がり、バリアフリー化の一助となることもありますよ。バリアフリー化は科学技術の発展でもあります。戦争兵器を作る技術があるならその技術を要介護の方々のために使ってほしいです。人間として生きている限り健康な皆さんもいつかは要介護になる日も来ますよ。そうなったときに町や家がバリアフリー化していたらどんなに素敵なことだと思いますか?皆さん本当に現実を見てください。明日は我が身なのです。と同時に高齢化しても自分の身は自分で守らなくてはなりません。老人の孤独化はこれからはますます増えるでしょう。自分が高齢者の親のを邪険に扱うとそれを見ていた子があなたと同じことをするでしょう。自分も老人になると同じことをされるでしょう。だから、離れて暮らしても一緒に暮らしても決して大切にする気持ちを失っては成らないのです。

     高齢者の自動車の事故は運転が下手な人は免許を返戻するなり、車を取り上げるなりすればいいですが、上手い人は別に検査に引っかからなかったらいいのではないでしょうか?若者の「○○しながら」運転の方が余程恐れるべきです。この事故も高齢者の事故と同じくらい多いですが若者は免許返戻はありませんね。特定の機械の返戻もありませんね。

     犯罪に関してはなぜいつも特定の世代、民族、性別、趣味、環境、職業、宗教などに原因を求めるのか?疑問です。個人それぞれの事情があるはずなのに一つの輪に括ってしまいます。許しがたいですね。

     

     

     

    jimyouin * - * 15:08 * - * - * - -

    2016年11月14日 本日の担当 僧侶 唯心

    0

      このブログが始まった頃に、動物の出てくる童話というテーマで何度か記事を書かせていただきましたが、いくら探しみても昔の記事が出てこなくて、どんな作品を紹介させてもらったか、残念ながらあんまり覚えておりません。

       

      「ごんぎつね」や「手袋を買いに」、「牛をつないだ椿の木」など、動物が出て来る名作童話をたくさん残した新美南吉のことは書かせていただいたと思います。「ごんぎつね」は名作とされていてファンも多いのですが、動物と人間の心がかみ合わなくて、ちょっとつらい話です。

       

      さて、慈妙院動物霊園は愛知県の春日井市にありますが、南吉の記念館は愛知県の知多半島にあります。

      記念館を入ってすぐの階段を降りたところに生きているかのような南吉の像があり、来館者を驚かせてくれますが、その傍らに南吉の「墓碑銘」と呼ばれる詩が刻んであります。

       この石の上を過ぎる
       小鳥たちよ
       しばしここに翼をやすめよ

      南吉の生き物への思いが、よくわかる詩です。


       

      慈妙院動物霊園

      jimyouin * お寺の日常 * 14:13 * - * - * - -

      健康管理

      0

        体調管理

        2016年11月9日(水) 僧侶 大鐵

         

         先日、私は胃腸風邪を患いました。そして、仕事を2日間休みました。というのは、ここ最近、仕事が忙しく休みが取れなかったからです。胃腸風邪を引く前、11月4日に健康診断の結果を病院に取りに行きましたが、健康そのもので40歳の割りに珍しいと医師から言われ喜びました。

         それもつかの間、5日、6日と友人の住職就任式の手伝いで知多に行ったとき、急に寒くなったこともあったのですが、体の異変に気がつきました。頭痛、寒気がして、お腹の調子が悪くなり、手伝いを終えた後、早々と帰宅することにしました。

         その帰宅途中、少し休憩しようとパーキングで停めて、休憩後エンジンをかけようとしたらエンストしてエンジンがかからないではありませんか。すぐにJAFに連絡し、1時間後修理してもらうと、バッテリーが上がっており、老朽化していると言われました。5年も使っており、11月の末に車検で交換でしたので良かったといえば良かったのかもしれませんが、すぐに、ディーラーに向かい交換をしてもらいました。そして、帰宅したときにはすっかり夜となり、体温を測ると37.5℃あり、微熱だしすぐ下がると思い、早めに就寝しました。しかし、翌朝もう一度体温を測ると38.6℃ありました。これはいけないと思い、仕事を休む連絡をし、午前中に病院に行くと胃腸風邪と診断されました。この時、若いころと同じ量の仕事はこなせないなあと思いました。

         40歳になると急に体力が落ちる。色々なところに症状が現れる傾向にあるというのはあながち間違っていないと思いました。40歳前半は男性が厄年なのも頷けます。皆さんもご存知だとは思いますが役所から、がん検診や健康診断の案内が届くのも頷けます。人生の一つの節目なんだと思いました。

         「諸行無常」世の中が刻々と変化するように、物事も変化する。形あるものも古くなる。人間も老いてゆく。私の中でフッと思い浮かんだ言葉です。

         変化に善悪はありません。そこを逆らって無理をしてはどうしようもありません。これは受け入れると案外楽なものです。病気になったら、若いうちは無理して仕事しても何とか回復に向かったのですが、年齢を重ねると無理をした分、悪化して長引かせる。そして、周りの人たちにうつしてしまう場合もあります。それならいっそう休んで短期間で直したほうが余程効率的です。20代には20代の配分で人生を過ごし、30代なら30代の配分で人生を過ごし、40代なら・・・。すれば、上手く物事が回るのではないのでしょうか?自分も楽に回りも楽に過ごせるならこれこそ理想郷ですが、それを目指すべきかもしれませんね。互いの利益になることを考えて行動しましょう。

        jimyouin * - * 16:10 * - * - * - -

        2016年10月18日 本日の担当 僧侶 唯心

        0

          お葬式に来られた方には、お経の間は写真の撮影はご遠慮くださいと申し上げるのですが、先日は若い奥さんが一人でペットさんの葬儀に参列されて、ご主人が出張中なので、スマートフォンで葬儀の様子を中継してあげたいとのことでした。

           

          お経の間はやっぱりご遠慮いただきました。

           

          お経の後のお別れの時だけはどうぞと申し上げて、それでもご夫婦のお気持ちもあるでしょうから、いつもより長く、ご出棺が終わるまで撮影してもいいですから、ただししっかりお参りしながらスマートフォンの操作をしてくださいねと申し上げました。

           

          その後、白木位牌のお参りをする時は、ここから後はもう電源は切って、このお参りの様子は、あなたのお心に留めて、あなたのお言葉で、ご主人に伝えてあげてくださいと、重ねて申し上げておきました。

           

          慈妙院動物霊園

          jimyouin * ペット供養 * 14:50 * - * - * - -

          2016年10月6日   本日の担当 僧侶大鐵

          0

            「違いを認めて上げて下さい」

             

            先月、9月11日に9.11のテロが15年目を迎えました。

            9月17日夜8:30(日本時間18日朝9:30)にニューヨークで爆破事件が起こり、負傷者29名だったそうです。

             犯人はイスラム関係らしいですが、宗教が違うことでこれほど恐れられてしまう。純粋に信仰している人々もいるのにこんな誤解が生じるのに私は残念でなりません。

             今、世界各地で内戦が起きてます日本も関係ないとは言い切れません。戦争で難民となった人々が安全な国を求めて受け入れ先を探しております。日本も受け入れる方向で進めております。そうなるとやはり、様々な宗教が入ってきます。そのときに私たちは無関心、興味ないでは済まされません。宗教で食べていけない食品もあります。一日の流れが決まっている宗教もあります。私たちはそれを見た時、どう思いますか?その宗教の尊厳を認められますか?否定的に見ますか?肯定的に見ますか?

             信仰は誰にも止めることは出来ませんが、宗教の違いで否定したり、傷つけたり、さらに争いまで発展することに私は悲しみを隠せません。信仰を持っているもの同士の悩みは宗教は違えども同じだと思います。そこはお互い尊敬し合ってもよいと思います。特定の信仰を持たない人も相手の気持ちを知ることは非常に大切です。そのことを理解すれば、宗教の違いはそれ程苦にはならないはずです。

             これを機に宗教について今一度学び返してみては如何でしょうか?

            jimyouin * 大鐵 * 15:16 * - * - * - -

            2016年9月19日   本日の担当 僧侶 唯心

            0

              ペットさんのお葬式を始める前に、施主さまが仰いました。

               

              うちの子はここ何年も、ずっと目が見えませんでした。

              ずっと病院通いでした。

              どうかあの世で目が見えるようにしてやってください。

               

              そう仰ったので、そうですね、仏さまの世界は我々人間の世界とは、また仕組みや様子が違うことでしょうから、大丈夫です、ご安心くださいと申しました。

               

              お葬式の後、白木位牌のご説明をする時に、皆さまのそのお気持ちをしっかりと亡くなったペットさんに向けてあげて、四十九日間りお参りいただければ、それが功徳となって、回向されて、四十九日目に無事に極楽世界、仏さまの世界にたどり着かれて、そこできっと心の眼が開かれることでしょう、さあどうぞ、ご位牌に向かってもう一度合掌をと、申し上げておきました。

               

               

              慈妙院動物霊園

              jimyouin * ペット供養 * 10:48 * - * - * - -

              2016年9月5日   本日の担当 僧侶 唯心

              0

                奈良県の王子町に達磨寺というお寺があります。

                 

                聖徳太子が助けた行き倒れの旅人が、実は達磨大師の化身だったという、「万葉集」や「今昔物語集」で有名な伝説にちなんだお寺なのですが、ここに聖徳太子の愛犬「雪丸」の像とお墓があります。

                 

                聖徳太子と言えば、愛馬「甲斐の黒駒」も有名で、そちらも伝説などによく登場しますが、この愛犬「雪丸くん」は王子町のマスコットとして、かわいいキャラクターになって街中にも飾られており、テレビなどでもよく取り上げられています。

                 

                お寺の住職さんのお話では、この「雪丸」が、「日本最初のペット」なんだそうです。

                 

                 

                 

                慈妙院動物霊園

                jimyouin * お寺の日常 * 14:31 * - * - * - -

                2016年8月30日   本日の担当 僧侶 唯心

                0

                  お一人でペットさんのお葬式に来られた若い男性の方がおられて、あんまり泣いておられるので、いつもなら「お焼香の時は、作法は自由ですけど、必ず合掌でお参りしてください」と前もって言うのですが、その方のお気持ちにお任せしようと思って、何も言いませんでした。

                   

                  そうしたら、やっぱり合掌せずに焼香されたので、いつも通り、最初に言えば良かったかな? でもこの後、四十九日までの白木位牌のお参りをする時に「手を合わせる」というチャンスはあるからいいかな? とも思ったのですが、その方は、たまたま白木位牌の供養を頼んでおられななかった方でした。

                   

                  葬儀の読経が終わって、お別れ室に移動し、最後のお別れをして頂いた後に、ご出棺の時間となりました。

                   

                  どうぞ、お手を合わせてお見送りしてあげてくださいと、その瞬間に申し上げました。

                   

                  お葬式の間に、ただ一度でも、合掌する機会があったなら、それは何よりの功徳ですから。

                   

                   

                  慈妙院動物霊園

                  jimyouin * お寺の日常 * 17:50 * - * - * - -

                  2016年7月30日   本日の担当 僧侶 唯心

                  0

                    ペットのお葬式に来られたご家族の中の若い男性の方が、祭壇のペットさんの遺影を見てクスクス笑っておられます。

                     

                    今でこそ少なくなりましたが、以前はペットのお葬式に違和感を覚えるようなことを仰る方が多かったものです。

                     

                    「おいおい、人間の葬儀とおんなじだよ」

                    「ご焼香だって」

                    「末期の水まであるの?」

                     

                    そんなことを言う方も以前は多かったのですが…

                     

                    そういう方はどちらかと言えば年配の方が多かったんですが、このお若い方はどうして笑っておられるんだろう?

                     

                    そう思って、「どうかされましたか?」とお聞きしてみました。

                     

                    そうしたらその方は、「うちのペット、遺影になっちゃっても、こんなに可愛いなんて、おかしくって、おかしくって」と笑いながら仰いました。

                     

                    悲しみの表現は人によって様々ですね。

                    皆さまの思いは、全てが良き御供養なのだと思います。

                     

                    慈妙院動物霊園

                    jimyouin * ペット供養 * 16:53 * - * - * - -

                    2016年7月16日   本日の担当 僧侶 唯心

                    0

                      ペットさんのお葬式を始める前に、「ただ今よりご供養とご葬儀を始めさせて頂きます」と毎回申し上げています。

                       

                      供養と葬儀の何が違うの? と聞かれたことはありませんが、私は常々思います。

                       

                      葬儀をしなくても供養はできます。

                      他霊園さんで火葬なさったペットさんの供養を、こちらのお寺に頼まれる方もおられますから。

                       

                      反対に、供養なしで葬儀をすることも可能です。

                      無宗教でお別れだけのお葬式をされる方も増えてきたわけですから。

                       

                      供養のための葬儀を執り行うのがお寺のお葬式なのだと私は思います。

                       

                       

                      慈妙院動物霊園

                      jimyouin * ペット供養 * 17:20 * - * - * - -
                      このページの先頭へ