ペット供養と初詣の話を再び

0

    2018年1月9日 僧侶 唯心

     

    大鐡和尚が年末に慈妙院動物霊園でお葬式をされた方たちから「ペットが亡くなりましたけど初詣に行っていいですか?」という質問を、何度か受けたそうです。

     

    このブログでも回答して下さっていますが、和尚のお答えを簡単にまとめさせて頂くと…

    「昔から死=穢れという信仰があったから喪中に初詣に行かないという習慣が発生したと言われておりますが、穢れとは「気が枯れる」即ち近親者が亡くなり落ち込んだ状態を表しているので、そんな時に神社に参拝しても参拝に集中できないことから、無理しないでもいいですよという優しい慈悲の気持ちから来たのだと思われます。

    そもそも神社の参拝は今まで無事に過ごせましたという感謝の気持ちと恒久の平和を願って行うものなのですから、自分の気持ちが調っていないと願掛けも心から行えないで、気持ちが落ち着いてから初詣を行えばいいのではないでしょうか」

    …といったところです。

    多分どの宗派の僧侶にお聞きしても、仏教の立場からは似たような解答が導き出されるでしょうから、大鐡和尚は禅宗のお坊さんですが、簡潔に明快に答えてくださったなあと思います。

     

    さて、これとはちょっと違った質問を私も慈妙院で受けたことがあります。

    ペットさんの喪が明けて、もう初詣に行っても良いとなった時に、神様に対して亡くなったペットの冥福をお祈りしてもいいものでしょうかというご質問です。

    慈妙院は天台宗という宗派のお寺ですが、こちらでは「神様」と言う存在は、仏法を守護する生命体だと考えていますので、お坊さんが神社や神様をお参りするための作法があります。
    けれど、みなさんが初詣に行かれる時は普通の作法で結構ですから、いつも通り、初詣の時にお願いしていることがあるなら、それをお願いして、その上でペットさんの冥福も併せて祈りましょう。

    良いことを、良い言葉でお願いするならば、どんな言葉で祈ってもいいと思います。こちらのお寺でペットさんを供養をされている方ならば、それを踏まえて、初詣の時に神様にペットさんの冥福を祈ることも、仏教的に決して間違いではありません。
    「どんな言葉がふさわしいか自分で考える」ことも供養です。

    jimyouin * ペット供養 * 11:00 * - * - * - -

    犬の夢枕

    0

      慈妙院にペットさんの供養でお参りされてる方の中にも、亡くなったペットが夢に出てくると来ないとか、出てきてほしいのに、といった類のお話を、参拝者同士でされている方たちがおられます。

       

      それは皆様それぞれの思いですから、それを小耳に挟んでも、とやかくは申し上げないのですが…

       

      先日のことです。

      ある女性の方が質問されました。

       

      「お家で寝ている時に、いつも亡くなった犬が肩を叩くんだと、知り合いの男性が仰います。どうしたものでしょうか?」

       

      他の宗旨のある種の宗教家の方ならば、ペットさんが肩を叩く意味や、それならどうしなければいけないかを教えてくれるかもしれません。

      普通の人なら、単純にペットが会いに来たんだよとか、反対にそんなの気のせいだとか、言うかも知れません。

       

      お寺の場合は違います。

      対機説法、応病与薬と言って、お医者さんが症状に応じて薬を出すように、同じ質問であっても、状況によって答が違います。

      犬に肩を叩かれるその方が、どんな思いでいるのか、嬉しいのか、怖いのか、戸惑っているのか、まずそこが大事です。

       

      今度その男性ご自身が、その犬の法要のために来られるそうなので、もしも私が出仕している日にお越しになるならば、ぜひお話を伺いたいものだと考えています。

       

      慈妙院動物霊園

      僧侶 唯心

      2017年10月25日

      jimyouin * ペット供養 * 11:21 * - * - * - -

      2017年6月21日   僧侶 唯心

      0

        先日、慈妙院で法要をされた方が、その後、お電話で、どうしてお参りの時に本堂の灯りを暗くしてあったんですか? と質問されたそうです。他のご僧侶の担当の日だったので、心を集中するためですと、そのお坊さんが答えて下さったそうです。

         

        さて、今度は私が担当の日に、その方が法要に来られたので、どうしてそのようなご質問をされたのですか? と逆にお聞きしてみたら、ペットだからかなと思いまして、とのことです。

         

        ペットだからとは、どういう意味でしょう? 世の中にはペットと人の供養は同じではいけないと思っておられる方があります。

        線香は半分でなければならないとか、動物のお骨を長く家に置いていてはいけないとか、そんな迷信がまかり通っています。

         

        ペットだから灯りは半分でいいんだ、というお考えなら、間違いだということをお伝えせねばならないと思って、「ペットだから暗くするとはどういう意味ですか?」とお尋ねしたら、「うちの子は猫だったんで、ペットは夜行性だからかなあと思いまして」とのことでした。

         

        そんな可愛らしい疑問だったのなら安心いたしました、なるほど、よくわかりました、でもそういう意味ではありません、あくまで心を集中するためなので、どうぞ可愛がっていた猫さんのために、しっかりお参りしてあげて下さいねと、申し上げておきました。

        jimyouin * ペット供養 * 11:39 * - * - * - -

        2017年5月30日   僧侶 唯心

        0

          奥さんを亡くされた若いご主人が、みんなそろそろ前を向け、前を向けって言うけれど、どうやったら前を向けるんだよ、教えてくれよと、周りの人に当り散らしている映画がありました。

           

          お坊さんもよく、亡くされた方の供養をされている方に対して、「前を向く」という表現を使うことがありますが、そのシーンを見て、無造作にこの言葉を使うのは、気を付けなければいけないなと思ったものです。ただ一つ言えるのは、世間では前を向くってどうすればいいのと聞かれた時に答に窮して終わりかも知れませんけれど、お寺にはその答があるということです。

           

          正しい形に則ってお参りをしていると、自分が前を向こう、などと意識していなくても、いつの間にか心が調い、自然と心が前を向いている、お寺のお参りというのは、そういうものです。仏さまの教えというものは、そういうものです。

           

          どうかご安心なさってください。しっかりとお参りさえしていれば、ペットを亡くしたあなたの辛いお気持ちも、ペットさんを供養してあげようというあなたの優しいお気持ちも、すべてが功徳となって積み重なり、ペットさんの供養を、自動的に、自然に前へ前へと進めて行くのです。

           

          慈妙院動物霊園

           

           

          jimyouin * ペット供養 * 16:38 * - * - * - -

          2017年3月6日   本日の担当 僧侶 唯心

          0

            大きな大きな仏像をご本尊にしているあるお寺に出入りしている花屋さんが、今度、大法要があるので金額を倍にするから、いつもより大きなお花を供えてくださいと、お寺の人に言われたそうです。

             

            その花屋さんはいつも心をこめて立派なお花を美しく仕立ててお届けしていましたので、「いくらがんばってもご本尊様の大きさには勝てません。いつも以上に丹精こめますから、いつものサイズで生けさせてください」と答えたそうです。

             

            そう、大事なのは気持ちです。

            そしてその気持ちをどんなふうに表すか、そこが大事なところです。

             

            ペットが生きていた時に好きだったから、それをお供えしてあげるのが気持ちを表すことじゃないか、何が悪いんだと言って、ご遠慮いただく決まりになっているペットの合同墓地に食べ物を供えて帰る、というのは、やっぱり良い行いではないわけです。

             

             

            あるいは、お家にあるペットのお骨や仏壇に何をお供えすればいいですか?という質問を、よく受けます。

            お水は上げた方がいいですか? お線香は? 好きだった食べ物は?

             

            何を上げなければいけないとか、何を上げてはいけないよりもまず、何をしてあげられるかを、考えることが大事です。

            まずは手を合わせてお参りすることが何よりのお供えです。

             

            これは理屈ではなくて、本当に大事な供養の核心です。

            「供養」という字に「供える」という言葉が含まれているのは、そのためです。

            まずはとにかくお参りしましょう。すべてのお供え物は、そのあなたのお気持ちを目に見える形で表したものなのです。

             

             

            慈妙院動物霊園

            jimyouin * ペット供養 * 12:21 * - * - * - -

            2017年2月9日 本日の担当 僧侶 唯心

            0

              「自分が死んだ時に、自分の棺の中に、愛するペットの位牌を入れるのは、いけないことでしょうか?」

               

               

               

              火葬するペットさんの棺の中に、前に亡くなったペットの位牌を入れたいという方が、たまにおられます。

              また、これは最近にあったことですが、飼い主さんご自身が亡くなった時に、自分がずっと供養しているペットの位牌を、自分の棺に入れてほしいと周りの人に頼んだところ、大反対されたという方がおられて、どうして駄目なんでしょうかと、ご質問なさいました。

               

              ペット供養の難しいところは、亡くなったペットさんへの思いが深すぎる場合、それが真摯な供養の思いなのか、自分自身の身勝手な思い入れなのかの、区別がつきにくいところです。

               

              もちろん、周りの人の忠告の方が、供養の基本をわかっていない、自己流の考えだったりする場合だって、多々あります。

               

              けれど、この「棺を自分の位牌に入れて良いかどうか」の問題に関しては…

               

               

              位牌というのはあくまでも亡くなった方を仏さまに対するのと同様の比重で以ってお祀りするための、特別な対象物です。

               

              本来、位牌を処分したり、燃やしたりするには撥遣(はっけん)作法と言って、いわゆる精抜き(=お性根抜き)の作法を施す必要があるくらいのものです。

               

              そして位牌に祀られている亡きペットさんは、既に亡くなって仏さまとなって、自分が亡くなるより先に浄土におられる訳ですから、「自分とペットさんが一緒にあの世に行くために、自分の棺にペットの位牌を入れる」というイメージは、矛盾を孕んでいることがわかるでしょう。

               

              こんな話を法話の時にさせて頂いていたら、「じゃあ、自分が亡くなる前に、精抜きを済ませておいた位牌を、自分の棺に入れてもらうのは、構わない訳ですか?」と質問された方がありました。

               

              確かに理屈ではそうなりますね。ただし、あなたがこれらのことを全て踏まえて、供養の意味を理解して、なおかつ現世の人間社会において、様々なしがらみを乗り越えて、それを周りの人たちに納得させて、いろんな手続き事を完了させておいて、そしてそんなに手間を掛けてまで、やっぱり絶対にそうしたい、それは自分の我執やわがままでなく、自分の思いを表すためのかけがえのない唯一の方法だという強い決意があるのなら、「自分の棺にペットの位牌を入れる」ということも、決して間違いではないのかも知れません。

               

               

              慈妙院動物霊園

               

              jimyouin * ペット供養 * 17:40 * - * - * - -

              2016年12月27日 僧侶 唯心

              0

                少し年配のご夫婦からご質問がありました。

                 

                家に祀っているペットのお骨のことですが、お参りするのに向きや方角を気にした方がいいのでしょうか? とのことです。

                 

                その少し前には、若いお母さんがご質問されました。

                 

                四十九日に納骨をしようと思ったら、小学生の娘が、なぜ納骨をしなければいけないの? 一度、納骨したら、どうして取り出せないの? と聞いてきました。

                どうしたらいいでしょうか? とのことでした。

                 

                お骨を長く家に置いていて悪いことはありません。

                もちろん向きや方角を気にする必要は一切ありません。

                大事なのはしっかりとお参りできているか、供養の気持ちがあるかという点です。

                 

                若い方でも年配の方でも、ペットさんにかける思いも心配も等しく変わらないのだと思います。

                だから年齢も環境も違う方たちから、よく似た質問が出てくるのでしょう。

                 

                一方でお寺の答えはいつも同じではありません。

                難しい言葉で対機説法と言うのですが、お一人ずつの思いと状況に応じて、お返しする対応は様々です。

                 

                とは言っても、その要点は先ほど申し上げたように、「しっかりとお参りすること=供養の意味を理解すること」に尽きるのです。

                 

                また来年にかけて、追々にそんなお話をさせていただく事に致します。

                 

                 

                慈妙院動物霊園

                jimyouin * ペット供養 * 11:54 * - * - * - -

                2016年10月18日 本日の担当 僧侶 唯心

                0

                  お葬式に来られた方には、お経の間は写真の撮影はご遠慮くださいと申し上げるのですが、先日は若い奥さんが一人でペットさんの葬儀に参列されて、ご主人が出張中なので、スマートフォンで葬儀の様子を中継してあげたいとのことでした。

                   

                  お経の間はやっぱりご遠慮いただきました。

                   

                  お経の後のお別れの時だけはどうぞと申し上げて、それでもご夫婦のお気持ちもあるでしょうから、いつもより長く、ご出棺が終わるまで撮影してもいいですから、ただししっかりお参りしながらスマートフォンの操作をしてくださいねと申し上げました。

                   

                  その後、白木位牌のお参りをする時は、ここから後はもう電源は切って、このお参りの様子は、あなたのお心に留めて、あなたのお言葉で、ご主人に伝えてあげてくださいと、重ねて申し上げておきました。

                   

                  慈妙院動物霊園

                  jimyouin * ペット供養 * 14:50 * - * - * - -

                  2016年9月19日   本日の担当 僧侶 唯心

                  0

                    ペットさんのお葬式を始める前に、施主さまが仰いました。

                     

                    うちの子はここ何年も、ずっと目が見えませんでした。

                    ずっと病院通いでした。

                    どうかあの世で目が見えるようにしてやってください。

                     

                    そう仰ったので、そうですね、仏さまの世界は我々人間の世界とは、また仕組みや様子が違うことでしょうから、大丈夫です、ご安心くださいと申しました。

                     

                    お葬式の後、白木位牌のご説明をする時に、皆さまのそのお気持ちをしっかりと亡くなったペットさんに向けてあげて、四十九日間りお参りいただければ、それが功徳となって、回向されて、四十九日目に無事に極楽世界、仏さまの世界にたどり着かれて、そこできっと心の眼が開かれることでしょう、さあどうぞ、ご位牌に向かってもう一度合掌をと、申し上げておきました。

                     

                     

                    慈妙院動物霊園

                    jimyouin * ペット供養 * 10:48 * - * - * - -

                    2016年7月30日   本日の担当 僧侶 唯心

                    0

                      ペットのお葬式に来られたご家族の中の若い男性の方が、祭壇のペットさんの遺影を見てクスクス笑っておられます。

                       

                      今でこそ少なくなりましたが、以前はペットのお葬式に違和感を覚えるようなことを仰る方が多かったものです。

                       

                      「おいおい、人間の葬儀とおんなじだよ」

                      「ご焼香だって」

                      「末期の水まであるの?」

                       

                      そんなことを言う方も以前は多かったのですが…

                       

                      そういう方はどちらかと言えば年配の方が多かったんですが、このお若い方はどうして笑っておられるんだろう?

                       

                      そう思って、「どうかされましたか?」とお聞きしてみました。

                       

                      そうしたらその方は、「うちのペット、遺影になっちゃっても、こんなに可愛いなんて、おかしくって、おかしくって」と笑いながら仰いました。

                       

                      悲しみの表現は人によって様々ですね。

                      皆さまの思いは、全てが良き御供養なのだと思います。

                       

                      慈妙院動物霊園

                      jimyouin * ペット供養 * 16:53 * - * - * - -
                      このページの先頭へ