奉納ローソク 楽屋噺

0

    先日、奉納ローソクに関する決まり事の変更についてお知らせしましたが、さて、その後のお昼の勤行で、3本以上のローソクが上がりました。

    今までは一日2本しか上げられない、となっていたのですが、変更後は一日に5本まで上がることになり、燭台を増やしたのですが、その燭台を初めて使った日のことです。

     

    今までの燭台よりも新しい燭台が少し小ぶりだったせいか、ローソクがぐらつくような気がしました。

    ローソクが乗る台座の部分をちょっと何かで埋めるとか平らにすればローソクが真っ直ぐに立つのではないかと思い、お寺の施設の営繕、特にIT関係や機械・電気・技術といった分野に長けたスタッフの方に相談してみました。

     

    そうしたら、次の日、あれは燭台の口径ではなく、台座に付いているローソクを差して立てる針状の芯の長さや太さの問題ですと教えて下さったので、なるほど、我々と違って、物理や技術に詳しい方は一目で理屈が分かるんですねと申し上げると、いいえ、一晩考えましたと仰ったので、また目から鱗が落ちました。

     

    物事というのは、自分は苦手だ、あの人は得意で利口だ、だから何でも分かって当然だ、という風なものではないのですね。

    分からなければ考える、その姿勢が大事なのであって、言われてみれば、私たち僧侶も供養に関するいろんな質問を受けるたび、何でも簡単にお答えしているように見えますが、やはり自身の知識と経験に照らして、そして仏法の真理と教えに基づいて、一瞬に考えを巡らしてお答えし、それで足りなければ、何日でも考えて、より良い答えが出たら、改めてお伝えさせて頂いているのではないのでしょうか?

     

    物事のヒントは、生活のどんな場所にも落ちているんだなあと思います。

     

    慈妙院動物霊園 僧侶 唯心

    jimyouin * お寺の日常 * 14:03 * - * - * - -

    奉納ローソクの話

    0

      慈妙院の奉納ローソクは、本山である比叡山の山内諸堂で行われている形式に準じて、供養や祈願の言葉を書いて頂いたローソクを、上げて頂いた順番に仏さまの近くでお灯しする、というものですが、慈妙院では多くの方がペットさんの供養について書いて下さっています。

       

      さて、慈妙院のお昼の勤行では「一日2本までしか奉納ローソクは上げられない、その後の方のローソクは、翌日以降にお上げする」として参りましたが、最近ではどうしても参拝した当日に自分のローソクを上げてほしいという方が多くなりました。

       

      本来、そういうご要望はお昼の勤行ではなく、一組でのご法要(特別供養)を執り行って頂くべきである、として来たのですが、この度、皆様のお気持ちに寄り添う形で、以下のような改変を行いました。

       

      1.燭台を増やし、一日5本までローソクを上げられることにする。

      2・ローソクを上げる日にちや場所、順番の指定はできない。

      3.ローソクを上げる順番は書き終わったローソクを寺務所に届けて頂いた順番とする。

      4.慰霊祭の日は奉納ローソクは上げられない。

       

      以上、皆様の常日頃よりの恭敬供養のお気持ちに心より厚く御礼申し上げます。

       

                              合掌

       

      慈妙院動物霊園

      jimyouin * お寺の日常 * 17:49 * - * - * - -

      人間と動物

      0

        人間と動物って、何が違うのだろうと、よく考えます。

        そんなテーマの科学読み物を時々手にしますが、さほど満足の行く内容に行き当たりません。

         

        そんな中で「若い読者のための第3のチンパンジー」(草思社文庫)という本は、なかなかに面白いと思って読んでいたら、NHKで著者のジャレド・ダイヤモンド博士が同じ内容をわかりやすく解説する番組が始まりました。

        テーマに関する情報が原作以上によく理解できる構成で、興味が尽きません。

        もう少しで最終回です。興味のある方は是非ご覧ください。

         

         

        本日の担当 慈妙院動物霊園 僧侶 唯心

        jimyouin * お寺の日常 * 17:45 * - * - * - -

        猫に施無畏印

        0

          前にこんな話を書かせて頂きました。

          職員の方、スタッフの方たちもみな一緒に、お寺では朝の勤行を行っているのですが、朝いちばんでお葬式に来られた女性の方に、先ほどお堂からお経の声が聞こえてきた時に、お堂の前に猫ちゃんたちも集まってきてましたけど、猫ちゃんもお勤めに参加するんですか? と質問されました。

          ええ、そうなんです。いつものことなんです。門前の小僧、習わぬ経を読む、ということわざもある通りですが、実を言うと、彼らの方が私より、よっぽど修行が出来ていて、いつも教えられることばかりなんです。

           

          …という風にはとっさにお答えできなかった、というお話なんですが、さて、慈妙院の属する天台宗では、法華経の常不軽菩薩(じょうふぎょうぼさつ)の教え、というものを重要視します。

          どんな相手であれ、どんな生き物であれ、すべての生命には仏性が宿っているとして合掌礼拝されたという修行者の話です。

          私も境内で猫たちとすれ違う時は、そっと心で合掌、もしくは施無畏印と言って、相手から恐れを取り除く印でこっそり挨拶しています。

           

          猫の世界も気楽そうに見えて、我々同様にいろんな喜び悲しみがあるのでしょうね。猫の気持ちに詳しいうちのスタッフの方が、どんなことでも試練だと思って、自分のステップアップにに繋げるべきだと思いますと言っておられました。私の修行時代の先輩のお坊さんは「よき縁となり、よき縁となす」ということを、いつも仰っておられます。

           

          生きとし生けるもの全てが仏性を持ち、共に仏法を学ぶ法友・善友であり、そしてすべての物事や出来事が仏縁なんだと思います。

           

           

          慈妙院動物霊園

          jimyouin * お寺の日常 * 14:37 * - * - * - -

          ペットの神様

          0

            先日、お葬式に来られた方たちが、葬儀も出棺も終わってお別れ室を出る時に、係りの人に声をお掛けになったそうです。

            後から係りの人が私に、あの方たち、何か仰ってませんでしたか?と尋ねたので、そのことを知りました。

             

            いいえ、何も仰ってませんでした、どうしましたかと私が聞くと、係りの人が言うには、「うちのペットは、どの神さまのところに送ってもらえたんでしょうか?」とお尋ねになったそうです。

            係りの人は慌てて、そんなことを聞かれても自分はお坊さんじゃないし、何と答えたものか困ったそうですが、とりあえず「神さまじゃなくて仏さまですよ」と答えてくれたそうです。

             

            それを聞いて私は思わず係りの人に言いました。

            有難うございます。100パーセント完璧な答えです。

            応対としても、或いは仏教的にも、それだけで一点の不足もなく、十分です。

            その瞬間に質問された方の心の曇りも悩みも、一瞬にして晴れたことであろうと私は思います。

             

                          本日の担当 僧侶 唯心

             

            慈妙院動物霊園

            jimyouin * お寺の日常 * 14:58 * - * - * - -

            猫の勤行

            0

              職員の方、スタッフの方たちもみな一緒に、お寺では朝の勤行を行っています。

              さて、朝いちばんでお葬式に来られた女性の方に、先ほどお堂からお経の声が聞こえてきた時に、お堂の前に猫ちゃんたちも集まってきてましたけど、猫ちゃんもお勤めに参加するんですか? と質問されました。

              あはは、いえいえ、そこまでは修行ができておりませんので、と答えてしまったんですが、それから後で思い当たりました。

               

              こんな答が咄嗟に出たのは、私の心のどこかに、その方が期待しておられたであろう、「そうです、みんなに可愛がられてるこの子たちはお利口さんなので、毎日、勤行に参加しているんですよ」みたいなお答えをしたくないという、ちょっとひねくれた気持ちがあったからに違いません。

              そういう意味では、修行が足らないのは猫ではなくて、私の方ですね。

               

              ではどんな答が、この場合ふさわしかったのでしょうか?

              例えば…

               

              (ごく普通に)ええ、そうなんです。いつものことなんです。

              △呂ぁ¬臍阿両僧、習わぬ経を読む、ということわざもある通りですね…

              実を言うと、彼らの方が私より、よっぽど修行が出来ていて、いつも教えられることばかりなんです。

               

              今の私の気持ちとしてはまさにH屬任后

              なぜって、現にこうして、その後、自らを省みて、今、この文章を書いている私に、うちの猫たちが、その仏縁を与えてくれた訳ですから。

              猫の気持ちに詳しいうちのスタッフの方から、猫たちによろしく伝えておいてもらうことに致しましょう。

              生きとし生けるもの全てが、共に仏法を学ぶ法友、善友なんですね。

               

                                           本日の担当 僧侶 唯心

               

              慈妙院動物霊園

              jimyouin * お寺の日常 * 17:20 * - * - * - -

              慈妙院動物霊園境内の独鈷水

              0

                慈妙院動物霊園は天台宗のお寺である医王山慈妙院が運営するペット霊園です。

                動物霊園は設立以来、30年ほどの歴史ですが、お寺自体は650年ほど昔に慈妙上人というお坊さんがお開きになりました。

                独鈷(とっこ)という仏具でこの境内を慈妙上人が掘ったところ、きれいな水が出たという伝説の井戸が境内にある独鈷水の井戸です。

                 

                先日、地域の広報誌にこのことが紹介されて、訪ねて来られる方が増えました。

                有難いことですが、その記事では「独鈷」の読みを「ドッコ」と表記してあるのが、ちょっと気になります。

                辞書によれば「どっこ」とも読む、と書いてありますが、通常、お寺では「とっこ」と発音します。

                また、慈妙上人が土を掘っている挿し絵に長い杖の絵が描いてありますが、独鈷は手で握れるくらいの小さな仏具です。

                この絵では、錫杖か金剛杖みたいに見えますが…

                 

                それはともかく、今は独鈷水の井戸の水量が少なくなりましたが、まだ何とかわずかに面影を残しています。

                また道路沿いの慈妙院の大きな緑色の看板の少し下に、大正時代に村の方たちが建てた「独鈷井水霊地」という石標があります。

                いつもペットさんの供養にお見えになっている参拝者の皆様の内、何人くらいが気がついておられるでしょうか?

                 

                         本日の担当 僧侶 唯心

                 

                慈妙院動物霊園

                0120−52−1059

                jimyouin * お寺の日常 * 17:14 * - * - * - -

                ペット合同墓地のお塔婆の話

                0

                   

                  慈妙院の合同墓地には塔婆を建てて頂けますが、お寺のルールで建立のお申し込みから半年たったらお下げする、ということに決まっています。

                   

                  先日、毎月熱心に本堂での特別供養(一組でのご法要)を営まれている方が、お墓にお塔婆も建てておられるのですが、半年たった時に塔婆取り下げの連絡をしてくれなかったから、塔婆がなくなっていることに気づかなかった、どうして教えてくれなかったの?と仰いました。

                   

                  実を言うと、元々、慈妙院では塔婆の取り下げ前にご連絡するというルールはなかったのですが、どこかでこちらの説明か、あちらのご理解かに食い違いがあったようです。

                   

                  そして、その日もその方たちは月命日の法要を本堂でなさるためにお見えになったのでした。担当の僧侶は私だったので、私が経緯をご説明させていただくことになりました。

                   

                  そうしたらこちらが口を開くか開かぬうちに、その施主の方が、いやあ、こちらも勘違いしててすいません、これからはちゃんと家で申し込んだ日を記録して、覚えておくように気を付けさせて頂きますと仰ってくださいました。

                   

                  ああ、それを仰って頂けるならば、何よりのご供養です、係りの職員さんたちもそれを聞いたら喜びます、きっとペットさんも喜んでおられることでしょう、もちろん仏さまもお喜びです、こちらからこんなことを申し上げるのは僭越ながら、そうしてお互いが気を付けて、気を遣い、誰も彼もがそうして心を調えること、頭を低くすることこそが功徳であって供養です、そう仰って頂いて嬉しく思います、本当に有難うございましたと申し上げてから、ご法要のお経を上げさせて頂きました。

                   

                   担当 僧侶 唯心

                   

                  慈妙院動物霊園

                  ペット供養・火葬・葬儀・納骨

                  0120-52-1059

                  jimyouin * お寺の日常 * 17:15 * - * - * - -

                  2017年5月11日   僧侶 唯心

                  0

                    慈妙院の仏間に「釣月耕雲」の額が掛かっています。

                    意味を尋ねられて、禅語だとは思いましたが正確に分からなかったので、禅僧である大鐡和尚にお聞きしてみました。

                     

                    これは道元禅師の「永平広録」に出てくる言葉で、月を釣り雲を耕す、つまり、ただ生活の糧を得るためだけに働く(=魚釣りをしたり畑を耕す)のではなく、天地自然の中で悠々と自在に遊ぶのが修行生活のあり方だということを示す語だそうです。

                     

                    お参りの際に壁に掛かっているこの言葉を目にしたら、是非、心を休めてくださいね。

                     

                    ペット供養・葬儀・火葬・法要

                    慈妙院動物霊園

                     

                     

                    jimyouin * お寺の日常 * 16:40 * - * - * - -

                    2017年4月8日   本日の担当 僧侶 唯心

                    0

                       

                      ペットのお葬式をされた方が、翌日にもう一度訪ねて来られて、昨日のうちのペットが生き返ってませんでしょうか? と仰いました。

                       

                      お気持ちは重々よくわかります。

                      この悲しい出来事が、何かの間違いであればと思う、そのお気持ちは、痛いほど、よくわかります。

                       

                         ※   ※   ※

                       

                      明日4月8日は仏誕会(ぶったんえ)と言って、お釈迦さまがお生まれになった日です。

                      お釈迦さまが2500年前のインドに生まれて、29歳で出家し、35歳で悟りを開かれたところから、仏教が始まりました。

                      さて、お釈迦さまの時代のインドの話です。キサー・ゴータミーという名の、自分の幼い子供を亡くした女性がいました。

                      半狂乱になった彼女は、お釈迦さまが本当に偉い方なら、どうか自分の子どもを生き返らせてくれと言ったそうです。

                      するとお釈迦さまは、では生き返らせてあげよう、そのために薬を作ろう、その薬はケシの実から作ろう、もしもお前が死者を一人も出したことのない家からケシの実をもらってくることが出来たなら、子どもを生き返らせるための薬を作ろうと答えたそうです。

                      ゴータミーは必死になってケシの実を探しましたが、死者を出したことのない家は一軒もなく、そして遂に彼女は、葬式を出したことのない家はひとつもない、すべての生き物は必ずいつかは亡くなるのだという、単純だけれども動かしがたい真理を、たちまちの内に了解して、お釈迦さまの弟子になり、後々は立派な長老の尼僧になったということです。

                       

                         ※   ※   ※

                       

                      とは言うものの、お釈迦さまも最愛のお弟子に先立たれた時は、ずいぶん悲しまれたということです。

                      ただ、悲しいけれど、そこから前に進めないか、いや、進めるんだ、ではどのように? ということを説いてくださったのが、お釈迦さまの教えです。

                       

                      仏教寺院である慈妙院でペットさんのお葬式を挙げてくださったことは、皆さまの何よりの法縁です。

                       

                      明日は仏誕会です。

                      どうぞ、皆さま、お参りください。

                       

                      慈妙院動物霊園

                      jimyouin * お寺の日常 * 16:09 * - * - * - -
                      このページの先頭へ