2014年6月10日   本日の担当 僧侶 唯心

  • 2014.06.10 Tuesday
  • 10:59
大病をして入院中にペットを亡くされた方が、退院してすぐ、ご自身の病身にも関わらず、ペットのお葬式に来てくださいました。

その方が、この子、身代わりに逝ってくれたんですねと仰られたのですが…ご自身も大変な困難にあわれた上に、可愛がっていたペットに先立たれ、それはおつらかったことかと、ご推察いたしますが…やはりペットさんは精一杯生きて、そして亡くなられたのです。

おつらいのは重々わかります、そう思いたくなるのも無理はありませんが、それは人間の側の勝手な解釈ではないでしょうか、どうか精一杯の命を全うしたペットさんを、精一杯、供養してあげてください、そしてどうぞ、ご自身もお身体ご自愛くださいと、お伝えさせていただきました。



東海・愛知・名古屋・春日井
ペット火葬・葬儀・納骨
動物供養

慈妙院動物霊園
0120−52−1059
コメント
コメントする








    

archives

recent comment

profile

スマートフォン

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM