2015年6月25日   僧侶 唯心

  • 2015.06.25 Thursday
  • 11:17
ペットを亡くしてまだ四十九日にならない方が頼まれた、黒の本位牌が出来てきました。

四十九日までの白の仮位牌もまだあるのに、「黒位牌が出来ました。精入れもすんでいます」と係りの者が申し上げたものですから、さあ!

悩んでしまわれました。まだ四十九日ではないけれど、私のペットの魂はどこに?

「精入れ」というのは地方によっては「性根入れ」とも言いますが、どちらにしても正式な言葉ではありません。

正しくは「開眼供養」です。これがただの木製品ではなく、正式な仏さまの教えに基づく供養のための装置だと確認するための作法です。

亡くなられた方は、それが人間でもペットさんでも等しく極楽浄土におられます。位牌もお墓も、そこを通して極楽浄土の仏さまをお参りするための窓口です。ペットさんの魂が分散して、あちこちに居られるわけではありません。

だから、しっかりと手を合わせてお参りいただければ、その思いは矛盾なく、ひと筋に浄土に届くのです。



慈妙院動物霊園

archives

recent comment

profile

スマートフォン

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM