2015年7月29日   本日の担当 僧侶 唯心

  • 2015.07.29 Wednesday
  • 14:17
境内のお手洗いに、スタッフの皆さんがお手洗い使用時の注意事項を書いた貼り紙を貼ってくれました。

そのいちばん最初のところに「ご来山のみなさまへ」と書いてあるのですが、さて、「ご来山」という言葉の意味を、誰でもおわかりになるのかなあ?と思ったので、ちょっとご説明させていただきます。

お寺は昔は山にあるのが普通だったので、今では町のお寺にも「山号」というものがあって、たとえば慈妙院の山号は「医王山」です。

それでお寺に来ることを「来訪」ではなく、「来山」と言います。

ちなみにお寺から人が出て行く時は「離山」です。
お寺の人が外出して、お寺に帰って来たら「帰山」です。
新しいお坊さんがお寺に来ることを「入山」と言います。
そのお坊さんがお寺を辞めて、よそに行く時は「下山」です。

お寺にはいろいろ独特の用語がありますね。

たとえば慈妙院のお手洗いの入り口には、「善男子・善女子」と書いてあります。「善男・善女」というのはお経によく出てくる言葉で、簡単に言うと、「お寺にお参りに来る人は、みな良い人だ」という意味です。

例えばあなたのペットが亡くなったとします。世間では人間の場合と違って、必ずしもお葬式をする人ばかりとは限りませんが、あなたはお寺に電話してお葬式をしてもらいました。亡くなったペットがあなたにとって、家族同様、人間同様だったからです。

お葬式が済んで、何日もたつのに、あなたはペットのお墓参りに来てくれます。あるいは四十九日や月命日に本堂でお経をあげてもらったこともありました。それはあなたが供養してあげよう、慈しみの心で動物と向き合おうという、良い心を起こしてくれたからではありませんか?

あなたからすれば、かわいいペットのためだから、そんなの当たり前のことだと思うかも知れません。でもあなたがどこかで良い心を起こし、良い行いをしていなければ、あなたが今こうしてこのお寺に来て、境内でお手洗いに入ることも、なかったのではありませんか?

ほら、お寺にお参りする人は、みんな善男善女でしょう?


慈妙院動物霊園



 

archives

recent comment

profile

スマートフォン

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM