<< ペットの仏壇を祀るのに、正しい方角や向きはありますか? | main | ペット合同墓地のお塔婆の話 >>

切実な問題

0

    2017年7月21日(金) 僧侶 大鐵

     

     7月初旬に豪雨があり、九州、島根、小牧市と甚大なる被害がありました。さぞ辛いことだったでしょう。どうかこの困難を乗り越えられ、皆様が1日でも早く平穏な生活に戻れるよう心からお祈りしております。しかし、いつ自分の身に降りかかるかも知れません。今のうちに対策を考えておいてください。

     先日、大山のぶ代の夫、砂川啓介さんがお亡くなりになりました。ここには現代に抱える切実な話が隠れております。2人のお子様は幼いころ亡くされており、夫婦2人で暮らしてきました。大山のぶ代さんが認知症を患ったときも夫の砂川さんが介護をしてきたそうです。これが今、問題になっている老老介護の現実です。砂川さんは癌が発覚したときは流石に介護が出来ずに介護施設に大山のぶ代さんを入居させたそうです。

     このほどお亡くなりになったとき、誰が葬儀の喪主や施主を務めるのか?お骨はどうなるのか?お墓の管理は誰が行うのか?色々な問題を孕んでおります。これはいつしか所謂、無縁仏となってしまうのではないかという不安もあります。

     昨今、無縁仏は切実な問題となっております。大阪市では9人1人が無縁仏では無いかと言われております。縁、縁起とは決して血縁だけが縁起ではありません。友達や職場の仲間、趣味の仲間、今では墓友と呼ばれる合同墓地

    まであります。無縁にならない形は様々です。

     私は大丈夫と思っているかも知れませんが、毎年どこかで・大災害が起き、

     ・単身者の増加

    ・1人っ子、一人親、核家族化で親戚付き合いもない状態。

    このような問題もある以上自分は大丈夫でも親類縁者が亡くなったとき、身元引受人として連絡が来るかもしれません。そのときあなたは拒否しますか?

     このお寺も最近、葬儀をしてもお骨を取りに来ない。納骨堂や位牌、お墓の管理をせずに解約する人が増えております。それらの申し込みをされてそれで終わっている人も多いのです。もし自分の身に何かあっても大丈夫なように代理人や後継者をお願いしておかないとこれらのペットの納骨やお墓まで無縁になってしまいます。

     

    jimyouin * 大鐵 * 16:19 * - * - * - -
    このページの先頭へ