猫の勤行

  • 2017.09.05 Tuesday
  • 17:20

職員の方、スタッフの方たちもみな一緒に、お寺では朝の勤行を行っています。

さて、朝いちばんでお葬式に来られた女性の方に、先ほどお堂からお経の声が聞こえてきた時に、お堂の前に猫ちゃんたちも集まってきてましたけど、猫ちゃんもお勤めに参加するんですか? と質問されました。

あはは、いえいえ、そこまでは修行ができておりませんので、と答えてしまったんですが、それから後で思い当たりました。

 

こんな答が咄嗟に出たのは、私の心のどこかに、その方が期待しておられたであろう、「そうです、みんなに可愛がられてるこの子たちはお利口さんなので、毎日、勤行に参加しているんですよ」みたいなお答えをしたくないという、ちょっとひねくれた気持ちがあったからに違いません。

そういう意味では、修行が足らないのは猫ではなくて、私の方ですね。

 

ではどんな答が、この場合ふさわしかったのでしょうか?

例えば…

 

(ごく普通に)ええ、そうなんです。いつものことなんです。

△呂ぁ¬臍阿両僧、習わぬ経を読む、ということわざもある通りですね…

実を言うと、彼らの方が私より、よっぽど修行が出来ていて、いつも教えられることばかりなんです。

 

今の私の気持ちとしてはまさにH屬任后

なぜって、現にこうして、その後、自らを省みて、今、この文章を書いている私に、うちの猫たちが、その仏縁を与えてくれた訳ですから。

猫の気持ちに詳しいうちのスタッフの方から、猫たちによろしく伝えておいてもらうことに致しましょう。

生きとし生けるもの全てが、共に仏法を学ぶ法友、善友なんですね。

 

                             本日の担当 僧侶 唯心

 

慈妙院動物霊園

selected entries

archives

recent comment

profile

スマートフォン

search this site.

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM