<< 四十九日供養に関する覚え書き | main | 奉納ローソク 楽屋噺 >>

奉納ローソクの話

0

    慈妙院の奉納ローソクは、本山である比叡山の山内諸堂で行われている形式に準じて、供養や祈願の言葉を書いて頂いたローソクを、上げて頂いた順番に仏さまの近くでお灯しする、というものですが、慈妙院では多くの方がペットさんの供養について書いて下さっています。

     

    さて、慈妙院のお昼の勤行では「一日2本までしか奉納ローソクは上げられない、その後の方のローソクは、翌日以降にお上げする」として参りましたが、最近ではどうしても参拝した当日に自分のローソクを上げてほしいという方が多くなりました。

     

    本来、そういうご要望はお昼の勤行ではなく、一組でのご法要(特別供養)を執り行って頂くべきである、として来たのですが、この度、皆様のお気持ちに寄り添う形で、以下のような改変を行いました。

     

    1.燭台を増やし、一日5本までローソクを上げられることにする。

    2・ローソクを上げる日にちや場所、順番の指定はできない。

    3.ローソクを上げる順番は書き終わったローソクを寺務所に届けて頂いた順番とする。

    4.慰霊祭の日は奉納ローソクは上げられない。

     

    以上、皆様の常日頃よりの恭敬供養のお気持ちに心より厚く御礼申し上げます。

     

                            合掌

     

    慈妙院動物霊園

    jimyouin * お寺の日常 * 17:49 * - * - * - -
    このページの先頭へ