お昼の勤行はまだお休み中です。

  • 2020.06.17 Wednesday
  • 16:12

慈妙院動物霊園のお昼の勤行は、新型コロナウイルス感染防止対策のため、今のところ休止中です。

 

 

 

さて、以前、お昼の勤行を行っていた時期のお話です。

 

亡くなったペットさんのお写真やお骨、位牌などを持って来て下されば、土日祝日でなければ、前の机に他の方たちと一緒に、少しずつ小さい物に限り、出してお参りして頂くことができした。

多くの方が何かをお持ちになって来られますが、もちろん強制ではありませんから、何も持たずにお参り頂くのもまた、自由でした。

ところが仏さまの前に色々な物を置くのはどうなのだろうかという意見が、お坊さん同士の間で、議論になったことがありました。

人間の法事でも、お寺の本堂で執り行う場合は、お骨やご遺影を持って来られる方が多いですから、特別なことではないと思いますし、前へ何かを出してお参りしている方のお気持ちを優先してあげたいところではあります。

 

ただ、他の人たちとご一緒にお品を出して頂くわけですから、おれがわれがというお気持ちで、我を張るようなことになってしまったら、却って供養とは遠いところに心が行ってしまいますから、気を付けなければいけません。

 

一組で予約を取る「特別供養」の場合は、何か前に出したいものがあれば、特に大きさや数の制約なく、出して頂けることになっています(一組で予約を取って頂く「特別供養」のみ、感染対策を工夫しながら行っております)。

これも以前の話です。

一組で予約を取ってペットの法事をなさった年配のご夫婦が、大きなカバンから骨壷を二つ、お写真をいくつか、その他、お供えやら遺品やら、たくさん出して、前の机に並べておられたことがありました。

きっと皆さんからすると、遺品を前に飾っているのではなくて、ペットさんを連れて、一緒にお参りに来て下さっている感覚なのかも知れません。

 

「善い心」を供えることが、何より本当の供養です。

 

慈妙院動物霊園

   僧侶 唯心
 

archives

recent comment

profile

スマートフォン

search this site.

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM